NIKKI

なんかお腹痛いなぁ…って思った時に書いてるブログ

ドラマティック説教

 

夏の日の終わり、夕暮れ時にスーパーへ向かうとT字路に面した家からうっすらと線香の匂いが漂った。盆はもうとうに過ぎたのに、なぜ今さら。しかしそんな事を考えてもしょうがない。だけど考えてしまう。僕はそういう人間だし、そういう気持ちだった。

その日の午前も終わりに近づいた頃、僕はある人に呼び出された。その人はいつもとは違う強く、鋭い目つきでそれを隠そうともせずに僕を埃かぶったグランドピアノとイスと、あと強いて言えば静寂だけが残された空間へと連れ出した。イスに腰掛け少し間を置いてその人は尋ねた。いや、尋ねたというよりも尋問を開始した。

「君は一体何をしていたんだ」

もはやクエスチョンマークは付いていない。その人も分かっている。僕が何もやっていない事を。そしてその質問に答えられないことを。しかし、今日の僕にはこれに対抗し得る切り札があった。

「あのー、言い訳になるかもしれないですけど、盆の終わりからちょっと感染症にかかってまして大学に来て研究することは難しかったです」

まさかの返答にその人は少し驚いた顔をした。それを察して心の中でやった!と思ったのもつかの間。まるで線香花火のように。

「なんでそれを報告せんの?え?」

僕の計画はいとも容易く崩れ去った。ウサイン・ボルトが100mを走りきる前に崩れ去った。

「ただでさえ信用のない人間が報告を怠るとどうなると思う?」

「さらに信用を失うと思います…」

「君が僕の立場だと考えてみ?こんな人間のこと信用できる?」

「信用できないと思います…」

「じゃあなぜ報告を怠った?」

「……」

沈黙は流れる。流れた先に解決があればよいのだが、一度流れた沈黙が再びやってくるかのように永遠の時間の中を僕は彷徨った。究極的な"無"を避けたいがために僕はずっと考えていた。1番ご飯にかけて食べたら美味いドレッシングってなんやろ?とか。パトカーにウンコしてみたいなぁ…、とか。それでもその人は、教授は、尋問を続けた。そしてそれも気づけばすでに拷問へと変わり果てて行った。

「正直言って君の未来は真っ暗やわ」

「今のままでは会社に入ってもいい仕事なんか出来ないよ」

「君はとことんサボるよね。一体何をして生きてるの?」

ごめんよ、教授よ。そんな刺々しい言葉で僕の心を抉ったつもりでも意味無いよ。僕の心は此処に在らず。そんなことより教えてくれよ!1番ご飯にかけたら美味いドレッシングはなんなんだよ!パトカーにウンコしたらどうなるんだよ!!!教えてくれよ!!なあ!!未来は真っ暗ってどういうことなんだよ!?社会のレールから外れることが真っ暗なんか?お?いい仕事ってなんなんだよ!?いい仕事って!!!今のお前ができるいい仕事はいっぱいご飯にドレッシングかけることとパトカーにウンコすることやぞ!!少なくとも俺にとってはとっても!!!とってもいい仕事やぞ!!!

 

 


結局は全て価値観の相違。ベクトルの違う人生を歩んでいるものに違うベクトルの言葉を刺したところで刺せやしない。僕にとっては研究なんて無意味。ただ大学院卒の称号さえ手に入ればよいだけ。いい仕事?なにそれ美味しいの?仕事なんて金が手に入ればよい。それにおれは数年で仕事なんて辞めてやる。そんな中2めいた言葉が心の中で渦巻きながら僕は静寂の空間を後にした。教授の中では殺伐とした中で気持ちのいい説教を達成したつもりかもしれないが、夏の終わり、夕暮れ、T字路、線香の匂い、全ての歯車が噛み合った瞬間に僕の中ではドラマティックになってしまったんだ。人と人は分かり合えない。けれどもそれが正解だっていいじゃないか。線香の煙のように刺激を残して消えていけばいい。

 

 

理想的生活のすゝめ

 

 

なぜかは知らんけど(心当たりは大いにあるが知らんことにしとく)僕は大学の研究室の教授からあまりよくは思われていない。それはしょうがないかな、って思ってるしあからさまに"嫌いです"オーラ出してくれてるのはほんと有難いなとも思う。一番怖いのは笑顔で優しく接しつつも脳内では激しくディスり、そのくせ僕の悪い点や改善すべきところを見捨てる人だと思う。現状そんなことはないので、嫌われていても恵まれてんな、ということにしている。

そんなこともあってか僕は今やっていること(機械系の研究)は自分には向いてねーなとひしひしと痛感している。だけども金を稼がないといかんのでこれをもう少しは続けて就職したい、というかするしかねー。でもそんな人生を歩んだところでなんなんすかー?!って思う自分もいる。そのへんの思考回路をここ数ヶ月はループさせてはう~ん、と唸る毎日。思わずうんこ出そうになる。それにそもそも働くってなんやねん!、金を稼ぐってなんやねん!って世の中にツッコミを入れたくなってくる。

 


よく"給料に見合う働きをしろ"とか"働きに給料が見合ってない"というフレーズを聞く。よくよく考えてみれば給料の決め方なんてテキトーなんじゃねえの?って思う。例えば平均年収が400万とかなのもそんくらいあればそれなりの生活ができるからって理由だと思うし、仕事内容はそんな関係ないのでは?って思う。だから給料の全体的な上下に関与するのは働きぶりではなく"それなりの生活"の質の変動だと思う。そんなこと考えてたらますます真面目に働く意味ってないよなと思う。

そもそも金を稼ぐといったところで働くことで金を生み出しているわけではない。既存の金を循環させているだけに過ぎない。金を作ってんのは円であれば日本銀行という唯一無二の存在だ。決して一般的な労働者ではない。そういう現実がある限り、メイクマネーにたっぷり自信があり、金を持っている自分はすげーんだぞと高らかに宣言する意識の高い人(マジでやべーくらい金持っている人は別ね。いわゆる小金持ちのイメージ)が浅はかに思えてくる。世の中を循環するすべての金とそれを操る人々に比べたらそんなん微微たるものにしか過ぎんわ。それにお金を稼ぐには金の循環の流れに上手いこと身を置くことが一番だと思う。

具体的な例を出せば保育士みたいな教育者に流れる金というのは少ない。だからどんだけ保育士が頑張ろうとも稼げる金なんてたかが知れている。もしそもそもの流れる金が多ければ同じ労働量でも給料は全然変わってくるはずだ。たまたま保育士を例にあげたけどこれは日本の労働者階層では微々たる差はあれど基本構造は同じだと思う。だから仕事への努力の要因が金っていうのはなんか虚しいと思う。でも仕事なんて普通はやりたくねーから金貰わないとやってらんない。そんな矛盾が心の中でもやもやし続けてう~んと唸る。うんこも出そうになる。

 

 

 

もう十分便利なのに技術も発展してるのに労働時間は短くならないし、逆に長くなっていっているし、給料も増えねーし、やりたいことよりやらなきゃいけないことの方が圧倒的に多いし、やるせねー世の中な原因は資本主義とそれに伴う金だと思う。だからこんな現実に嫌気がさすならそこから離れて自分だけの世界を作ってしまいたい。究極的には自分で食べるものは自分で作り、自分でやりたいことは自分でやる。自分の墓ですら自分で作りたい。うんこもしたい。金も時間も関係ないところで生きていきたい。でもそれって縄文時代?だとしたら退化でしかねー。まあ、要は人類が発展すれば幸せになるなんておもっちゃいけないよーってことだね。そんなこと考えてますます研究のやる気が無くなる僕であった。。

 

 

(うんこを漏らさないようにするための技術は無限に発展してほしい。幸せになるかはわからんが、少なくとも世の中の不幸のほとんどは消える。)

うだうだと流れていく幸せと、それから。

 

 

どうも、「お前の代わりはいくらでもいるからな!」っていうやつの代わりもいくらでもいるだろって思ったけど、そう思うおれの代わりもいくらでもいるだろって思うやつも出てきてさらにまた…、という風に一瞬で無限地獄に落ちたはしもとです。結局ね、代わりなんていないんだよね。僕の院の研究は誰かに代わりにやって欲しいけどね。

 

 

 

最近はようやく待ちに待ったあっつーい季節がやってきてテンションが上がると思いきやこんなにあっつーいのなら早く秋になれよって願ってしまう。もう何十回も夏、過ごしてるけど毎回こんな暑いとは思わなかったと後悔する。みんなもそうでしょ?そうであってほしいよ。笑。

しかし人間とはまあバカなもので、何か欲しいものとか望むものがあるとそれはとても素晴らしい!悪いところなんてない!って思い込んじゃう。夏に変な期待しちゃう僕がそう。笑。その程度だったらいいんだけどたまにその感覚を人間関係にも持ち込んでくるやつがいてそういうのはほんとうざったい。勝手に期待して勝手に幻滅すんじゃねー!って思う。僕は最初から幻滅されてるパターンが多いから(研究室の教授からは初対面でTOEICを受けたことがないという理由で馬鹿にされ、その評価が今後覆ることはないといきなり宣言された。だから僕は研究にやる気がない)あんま被害に合わないけど例えば美人な人とかイケメンくんとかある意味可哀想だと思う。僕はどんなに素晴らしそうな人間に出会っても"どうせこいつクズなんだろ?自販機の下に潜って小銭探したりしてるんだろ?"とか思っちゃうので勝手に上げて落とすってことはあんまりしてないと思う。ひねくれてるから。だけど素直な人ほど悪意なき幻滅を繰り返すのだろう。

 


少し話は飛ぶが、中高時代の同級生が婚約をした。ジマンスタグラムにジマン写真をドヤ顔で投稿していて僕もそれを知ることになった。見た瞬間正直はやくね?って思った。(僕は22歳) まあ早いかどうかはそいつが判断することで僕は関係ないし、仮に早すぎたせいで仲が拗れて婚を離れることになっても僕には知ったこっちゃねーからどーでもいいが、ひとつ疑問に思うことがある。彼らは結婚に期待してるのかな?ってこと。

ここでさっきの話に戻るけど結婚に過剰な期待をしたはいいけど現実はもっと違ってて幻滅したってパターン、めちゃくちゃ多いと思う。別に期待するのが悪いってことではない。期待をするのならそれ相応の理由が必要なんじゃねーかな、とひねくれた僕は思う。果たして彼らはどうなんだろう。その答えを早く知りたい(もっとも早く知るパターンには不幸な結末しかないけれど)

 


あとジマンスタグラムの幸せそうな写真をみてやっぱそうだよなって思ったこともある。やっぱりね、結婚=幸せって考えてるんだろうなぁ、って思った。結婚は幸せ。左辺は事柄に対して右辺は概念だからそもそもこの式は釣り合ってないだろっていうツッコミたい。どうもこの世の中には事柄に幸せを感じる人ってとても多いと思う。結婚とか出産とか。男女関係絡みのものが多いのかな。特に"◯ヶ月記念日~"とかほざいてるやつはキライ。だからどうした?と言いたい。いまあげた例はどれもその過程とその後の事の方が遥かに重要なものだと思う。だからそれ自体に幸せを感じる意味なんてなくて、それによって自分は、相手はどうなるのか?どう思うのか?どう変わるのか?そういった変化や反対に変わらないものに幸せを感じていたいと思う。

ちょっと話が抽象的になってしまったからもうすこし具体的にしよう。僕が思う幸せってやつは、例えば相手が好きな音楽を自分も好きになったり、その逆だったり、自分一人だと絶対行かなかった場所に行く事であったり(僕の場合は中古レコード店とか)とか、そういうことだと思う。これは何も恋愛に限った話ではなく友情もそうだと思う。その人がいることで自分も変わっていく。自分がいることでその人が変わっていく。でもそれは日々の何気ない所に潜んでいるし、結婚のような事柄でもないし、形も無いからなかなか見つからない。だから見つけた時には喜びも大きいし、幸せだなって感じるんだと思う。かといって見つけるのに大変な努力が必要かってわけでもない。ある時突然、ふっと湧き出て心に残留する。でもそのうちうだうだと流れていってしまうからまた新しい幸せを見つけていきたくなるんだと思う。それから先の、それ以上の幸せはまた欲しくなったら考えればいいんでねーかな。

 

 

怠けのレンチン術師

 

よいこのみんな!こんにちは!はっしー30分くらいクッキングのはじまりだよ!!!(はっしー30分くらいクッキングとは手抜きするためにレンチンを使っているのになんだかんだ途中から手が込んで来て30分以上調理時間がかかってしまう料理コーナーのことだよ!)さて、今日は最近はっしーお兄さんがハマっている無水カレーを作っていくよ!よいこのみんなもこのブログをちゃーんと読むと簡単に作れるようになるよ!!

 

 

 

まず、今日用意した食材はこちらだよ!!

f:id:hashimo02:20180617202727j:image

たまねぎ、なすび、とまと、おくら、ごーや、ぶたにく、ジャワカレーだよ!そろそろ夏も本番ってことで夏野菜をいっぱい買ってみたんだ!カレールーはもちろんジャワカレー!もしジャワカレー以外を間違えて買ってしまったよいこのみんながいたらぶちころすよ!

 

 

最初にたまねぎをてきとーな大きさにてきとーに切っていくよ!目がしみるけどがまんしよう!ちなみに上の写真だとたまねぎは3個あるけど今回はっしーお兄さんがそのうち何個たまねぎを使ったのかは秘密だよ!そんくらい自分で考えようね!たまねぎを切ったら食欲が失せそうな色をした耐熱容器に入れていくよ!

f:id:hashimo02:20180617203227j:image

次はお肉を適切な大きさに切って容器に入れるよ!みんなは適切って言葉わかるかな??もし分かんなくても決して辞書で調べたりしないで自問自答を繰り返していこうね!あ、自問自答もわかんないか!これだからガキは嫌なんだよね!

f:id:hashimo02:20180617203319j:image

いままでとおんなじ感じでなすび、ごーや、おくらを順番にいれていくよ!ごーやが嫌いなよいこのみんなは一度ゴーヤチャンプルをビールと一緒に食べてみるといいよ!適度な苦味をビールののどごしで流し込む、これが最高なんだ!あ、できれば食べる前にじぶんの限界までサウナに入っておくといいよ!

f:id:hashimo02:20180617203356j:image

f:id:hashimo02:20180617203410j:image

f:id:hashimo02:20180617203440j:image

これらの具材を入れ終わったらジャワカレーを細かく刻んで入れていくよ!この時に決してジャワカレー以外を入れないこと!さっきも言ったけど間違えてこくまろとか入れやがったらぶち殺すぞ。

f:id:hashimo02:20180617203458j:image

 

ここまでできたらいよいよ最後の主役、とまとをいれていくよ!とまとも適切な大きさに切って容器に入れていくよ!この時にとまとの水分が逃げないように注意しよう!

f:id:hashimo02:20180617204717j:image

 

実はこんなにいっぱい具材を入れると、途中からやべえなコレって思ってたけど、こーんなに容器からはみ出してしまうんだ!でもインスタ映えはしそうな感じだから大丈夫!あとは根性で蓋を閉めよう!

f:id:hashimo02:20180617204654j:image

 

はっしーお兄さんくらいに肝が座った男になるとこのくらい簡単に蓋を閉めれるようになるよ!やっぱり根性は大切なんだね!みんなも困っている友達を見かけたりしたら、根性が足りないって言ってあげようね!
f:id:hashimo02:20180617204639j:image

 

ここまでできたらあとはレンチンするだけ!20分くらい電子レンジにぶち込もう!!

f:id:hashimo02:20180617205445j:image

 

ちなみにこの電子レンジはお兄さんが大学生の頃の授業でCAD化してるよ!みんなもこのくらいできるようになろうね!!

f:id:hashimo02:20180617210014j:image

 

 

さて、20分経ったお鍋の様子はこんな感じだ!!あれれ…??トマトが無理矢理圧縮されてるのもあってなんだか美味しくなさそうだね…。。でもちゃんと混ぜてみると…!

f:id:hashimo02:20180617210049j:image

 

ほら!めちゃくちゃ美味しそうでしょ?そうだよな?なぁ!オイ!!

f:id:hashimo02:20180617210055j:image

 

あとは炊きたてのご飯に盛り付けるだけ!これで完成だ!!

f:id:hashimo02:20180617210103j:image

 

食べてみた感想は……、、おしえな〜い!知りたかったらみんなも自分で作ってたべてみよう!!それじゃ今日はここまで!みんな!それなりに元気でね!!

 

 

夜行列車に乗って

 

「夜行列車に乗って」

東京都墨田区在住 林トミ子さん(76)

 


まだ私がうんと若かった頃、上野駅の14番線ホームが恋しくて仕方がなかったのです。年末年始の間に帰省していた彼が帰ってくるのを待ち遠しく思って、ずっとホームの前で掌に白い息を吹きかけながら待っていたくらいに。当時は夜行列車がよく走っていたもので、東北から彼を乗せてやってくる夜行列車をいつもより早起きして待っていました。夜行列車が出発していく夜はとても寂しいのに、やってくる朝はどうしてこんなにも眩しいのでしょうか。もう目はあまり冴えてはいませんが、その時の朝日のことは未だに鮮明に覚えています。

毎年1月4日に彼は上野駅の14番線ホームに降りてくる。それを今か今かと待つ私。そんなことを数回繰り返したのち、いつしか私は彼と夜行列車に乗るようになりました。がたんごとん、と列車が大きな音をたてる度に「あぁ、彼はこの音を聞きながら一人で夜行列車にのっていたのかしら」と思って、寝そべった彼の横顔を眺めていました。それも数回繰り返したのちに、今度は三人で夜行列車に乗るようになりました。彼とよく似た瞳をしたやんちゃ坊主が静かに寝てくれないものですから、何度も周りのお客さんに謝ったのも今ではいい思い出かもしれません。

それから長い長い時間が経った後、彼も、夜行列車もいなくなってしまいました。そして今では当時のやんちゃ坊主が私を飛行機に乗せてそこへ連れていってくれます。がたんごとん、はもう聞けないのだけれど彼が眠っている場所に近づけば私の胸もがたんごとん、と少し変な音で高鳴ってゆく。もう私もこの胸の鼓動がいつまで続くのか分からない歳になってしまいましたが、どうか彼のもとへは夜行列車で行きたいと夢見ています。

生命の創造、そして殲滅

 

 

 

生ゴミ

いのちやどりし

コバエかな

 

これは2018年の6月初旬に俳人(廃人)の橋本一茶が詠んだとされる俳句である。普段はあまり料理をしないため、珍しく料理をすると生ゴミの処理が疎かになり瞬く間にコバエが湧いてしまう様を描いている。また、冬の間はどんなに雑に処理をしてもコバエなど湧かなかったものの、今では驚くほど簡単にコバエという生命を創造することができ、季節の変わり目を感じている、という風に捉えることもできる。この俳句の注目すべき点はコバエが発生したにもかかわらず、おおらかな心持ちでそれを良くも悪くも大観している様子がうかがえることである。本来であればコバエというのは非常に醜い存在であり、一刻も早く殲滅していまいたいもの。しかし、橋本一茶はその広い心とあまりに雑な生活感でもってしてそれすら"生命の創造"という非常に高い次元で捉えているのである。彼は人々にコバエを通して広い心を持つよう訴えかけているのではなかろうか。

 

 

 

 

 

 


めんつゆで

一匹残らず

駆逐せよ

 

こちらも同年の6月に橋本一茶が詠んだ俳句である。この俳句は一見すると先ほどの主張とは異なり、めんつゆトラップで自ら創造したコバエを殲滅すべき、という風に捉えることができるが、彼が生前記していた日記(古金玉集)には趣き深い記述が残されていた。

"創ったものは終わらさなければならない"

彼の生きていた時代から察するに未来の見えない年金制度やとどまることをしらない増税、そして人民の社畜化など様々な問題が彼を、当時の人々を悩ませていたに違いない。その中で彼はどれも全て過去に人間が創ったもの、であればそれを殲滅させる必要もまた人間にあるのではないかと考えたようだ。その手始めとして自ら創造したコバエを自らとめんつゆの手によって殲滅すべしと捉えたのである。また、コバエに対してもこの閉ざされた閉鎖空間で生きることの一体何が幸せであるのか、自問自答を繰り返し、最終的には死を与えたようだ。残酷なようで慈悲深い決断である。その後の彼はテクノブレイクによってその一生を終えたと伝えられている。死の発見が遅れたため、彼の死体にはコバエが集まっていたようだ。死してなお創造する、彼のアイデンティティーがそこには満ちていた。