NIKKI

なんかお腹痛いなぁ…って思った時に書いてるブログ

8月7日 ヨコハマGO

唐突であるがNIKKIを書くこととした。日記ではない、NIKKIだ。何故かと言うと僕の好きなくるりのアルバム、NIKKIに肖っているからだ。特段深い意味はない。ちなみにアルバムNIKKIはSuperstarと赤い電車、虹色の天使がオススメの曲だ。興味があれば是非とも聞いてみて欲しい。

 

 

 

今日は9時頃に起きた。大学の夏休みが始まってからというもの、目覚ましを掛けなければ何時に寝ようとも大抵この時間に起きる。授業があった頃よりはやく起きてしまう。謎だ。

起床後、テレビを点けてオリンピックの競泳を見た。日本人が個人メドレーでメダルを獲得したのを見て胸が熱くなった。僕は途中経過を知らないからごく当たり前にメダルを獲得したように見えたけど、その裏には物凄い努力や挫折があったんだろうなぁ、と思う。ちょっとは僕もあんな大舞台に立ってみたいとは思ったけどそんな努力や挫折を経験しなきゃいけないのなら、何の注目も集めず部屋でゴロゴロしてた方がマシだなと再確認した。

 

 

 

11時頃に家を出て電車で横浜に向かった。12時に中学時代の友達と待ち合わせをして中華街で食べ放題を食べた。ん、食べ放題を食べたってなんかすごくダサい表現だな。まぁ、いいや。2500円程度のたべほだったがなかなか美味かった。

友達とは積もる話をした。夏休みに入ってからバイト以外では人と話していないのですごく楽しかった。

 

 

 

友達がバイトに行くというので横浜駅でお別れした。その後、時間があったので上野に行った。国立科学博物館を訪れた。というのも、バイトでJKの宿題を代わりにやっているのだが、その一部に博物館に行き感想文を書けというものがあったからだ。一応は理系大学生ではあるので自らの知識を深めようと国立科学博物館を選択した。

館内には夏休みの自由研究を消化しようとする小学生、中学生が溢れていた。ダッシュで館内を駆け巡りスマホで写真を撮りまくり満面の笑みを見せていた。両親は疲れ果て、ベンチで休むのみ。一番可哀想なのが祖父母が孫を連れてきたパターンだ。この日差しのなかでジジイとババアを連れ回すのは拷問だぞ、小僧。

 

 

 

思ったより科学要素はなく、どちらかというと縄文時代の人骨やカンブリア紀の地層や化石などの地学的な展示が多かった。人骨コーナーでは縄文時代弥生時代の頭蓋骨が並べて置いてあり、いかにもどう思う?というような展示がしてあり興味が湧いた。しかしいくら観察しても違いがわからずイライラしてたら後ろから女子小学生に邪魔、どけ、と言われたので小走りで消えた。

科学的なものとしては人工衛星ゼロ戦などが展示してあった。親子は歓声をあげていたけれど、機械系大学生の僕の目は誤魔化せない。基本はすごくクオリティは高いとは思ったのだがどうしても一部が、具体的にはゼロ戦の車輪部分が手抜きでレプリカ感満載で残念な気分になった。やはりこういうのは動態保存に限る。

 

 

 

だいたい1時間ほどで全て見終えた。暇だったので公園でポケモンGoに勤しんだ。実は博物館内でもちょくちょくポケモンを捕まえてて特に古代の魚の展示コーナーでコイキングを捕まえた時には何とも言えない気持ちになった。公園では熱くて歩く気もなかったので、桜が舞ってるポケストップの近くで座りおこうを焚いてポケモンの方から来てもらうこととした。待ってる間は暇なのでしあわせのタマゴを使用し、乱獲したポッポ、コラッタキャタピーをひたすら進化させまくって経験値を急速に高めた。一気に2もレベルが上がった。満足。

 

 

その後は疲れたので普通に電車で帰った。昼が食べ放題だったから夜になってもお腹は減らない。今はテレビでオリンピックの柔道の海老沼選手特集を見ている。海老沼選手の妻がやたら北斗晶に似ていた。

 

 

割と今日はアクティブな日だった。ふらふらと書き連ねただけなのに1600字も使ってしまった。次からはもうちょっと簡潔に書けるようがんばる。