読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NIKKI

なんかお腹痛いなぁ…って思った時に書いてるブログ

具体と抽象の狭間に

 

 

塾の先生をやっているといろんな子供と触れ合うことがある。素直な子、言うこと聞かない子、そしてもちろん頭が良い子とクッッソ悪い子。頭脳レベルに関しては早稲田実業高校の過去問を簡単に解けちゃう子と一次の方程式すら全く手が出ない子を同時に教えるときもあって落差が激しい。

 

 

 

 

そんな日々の中で僕は常々、頭が良いってどういうことなのだ?と考えてしまう。学校ではテストの点数で生徒を評価するけれど決してそれは頭の良さ自体を反映するものじゃないと僕は思う。学校の定期テストのような暗記重視の問題だと努力によって正直どうにでもなる。どんなに覚えるのが下手でもとにかく時間をかけて暗記すればそれなりに点数が出るようになっているのだ。そういう意味では日本の学校は弱者の味方だし本当に才能がある子を見抜くのは逆に難しいのではないかと思う。

 

 

で、おそらく僕が考えるに頭が良い子≒要領が良い子なのではと思う。じゃあ要領が良いってなんなのだ?ってことになるがこれは言ってしまえば、抽象的な事柄を利用して具体的な事柄へと変換できる能力なんだと思う。この文章自体が抽象的なので具体的な例を提示すると、数学の問題なんかが分かりやすい。

例えば因数分解でよく教科書に載ってる説明だと

(x+a)(x+b)=x^2+(a+b)x+ab

なんて公式が載ってるがこれを見ていきなり

x^2+7x+10=0 を解け

という問題を全く練習せずに解けるのか?ってことである。公式という抽象的な事柄を実数が混じった問題に使えってことなのだ。因数分解なんかは簡単だからそんなのできるだろって思う人が多いとは思うが大学レベルだと数学もしくは物理の問題で実数を用いることなんてほとんどない。実験したデータをグラフ化するときくらいじゃないかと思う。ペーパーのテストだとほとんど文字式のみであるし、授業も定理や公式の証明にほとんどの時間が割かれていてその利用法なんてものは各自に勉強しろよってスタイルなのだ。これはもちろん僕の大学が特殊なだけなのかもしれないので鵜呑みにはしないで頂きたい。

 

 

 

今示したように高等な教育になるほど具体的なものから遠ざかっていく。小学校のときなんか、たかし君は一個80円のリンゴと60円のバナナを買いました。的な、所謂すごい現実的な問題ばかりだったが中学校で因数分解や関数、高校で微分積分が登場したあたりでほとんどの人は数学と現実の隔離を感じ、一部は諦めていったのでは?と思う。何もこれは理系教科に限った話ではなく国語なんかだと僕は古典が大嫌いだった。だってあんなの絶対使わないじゃねーか!と思ってた。今でも古典を勉強する意味が分からないので誰か教えてください笑。というわけで僕は古典からは自主的に避難した。その挙句、センター試験で古典100点中10点くらいという残念な結果となった。

 

 

 

僕が思うに、小学校からの教育というのは人間としての一般常識を身につけるという目的もあるが、どちらかというと大学での勉強のためだと思う。大学で自分が研究する際には、論文を執筆する際には教科書なんてないし、如何に過去の例や実験を考察できるかってのがポイントになるから中学校とかがやってる暗記教育なんて無意味。あれは単純に学歴を手に入れて就職時のアピールのためであってそれ以外の意味はないと僕は思う。

 

 

 

 

よく生徒からなんでこんなこと勉強する必要あるの?二次関数なんて大人になってから使うの?って質問を受けるけど僕は濁さずにハッキリ答えることにしている。受験のためであって、君たちは将来使わないと。だけど二次関数がなければ君たちの生活が著しく不便になる。具体的には車の乗り心地なんて最悪になるだろうし飛行機の墜落確率も大幅に高まる、と答えている。生徒のリアクションは様々なものだが大抵はなんて反応したらいいのか分からず勉強し始めるのでこちらとしては楽だ。

 

 

 

 

ここまで特に一貫性もなくつらつらと述べてきたが、結局何が言いたいかというと大学進学しようとするやつ多すぎ!ってことである。うちの塾の生徒なんか正直言って抽象を具体に変換できるやつなんて1人しかいない。なのにその他大勢はなんとか大学に行こうとするから高校を背伸びしたところに受験する必要が出て苦しんでいる。そんなことなら高専か工業高校など就職に有利で実践的な高校に行けばいいのに、大学にいくのが今の時代ではスタンダードだからって理由でもがき苦しんでいる。めちゃくちゃくだらない。これも親のエゴなんだろうけど、自分の子供は大学には行かせたいなんて我儘で、能力のない子供はなんで勉強しないといけないの?って思いながら具体と抽象の狭間で彷徨っている。塾の先生の立場としては教えるしかないし彼らの進路に口を挟む権利もないんでちゃんと指導はしているが虚しい。

 

 

 

勉強が出来ない、能力がないというのは悪い事と思われがちだがそんなことはないはずだ。税金を納め、この国で暮らす限りは平等であることに安心すべきなのだ。もちろん年収などは差が出るのかもしれないが、そんなものないものねだりだろって思う。金を持っているから幸せなんてのも決めつけが甚だしいし、金がないから不幸だって考えるのも安易だ。あくまでそうである確率が高いだけであって各自のオリジナリティを信じろよって僕は強く訴えたい。事なかれ、周りに付いていけというような日本的思想のせいで苦しむ中学生を見たくはないのだ。