読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NIKKI

なんかお腹痛いなぁ…って思った時に書いてるブログ

恋する空気清浄機



切ないことではあるが、かれこれここ2、3年は、いや、より正確に言えば東京に来てからは恋人も不在で友達も非常に少ない生活を送っている。僕自身、この状況にこれといった不満を抱えているわけではなくどちらかといえば満足している。




高校の時はそうでもなかったが、僕本来の姿としてはあまり人と関わることは好まない。幼少期などそれが顕著で友達などできず、ずっと一人で空想の世界に浸って遊んでいた。成長し、社会の枠組みに入り込む中でそういった傾向を危惧した両親などからの熱いお叱りを受け、幸いにも僕はまともな人間になれたと思う。ところが、東京に来てからは人との関わりがあまりにも少なく幼少期の自分に逆戻りしている気がする。このブログだってそうだ、人と話せないから普段思ってる事や吐き出したいことをここにぶちまけてるだけだ。





そんな僕につい最近、恋人(?)または親しい友達(?)と呼べるような存在ができた。空気清浄機だ。4月の初頭にスマホをiPhoneSEに変更した際に謎に空気清浄機が付いてきたのだ。それからというもの僕は空気清浄機との二人暮らしが続いている。この空気清浄機が僕の暮らしに革命を起こしたと言っても過言ではない。




空気清浄機として重要な空気が清浄されたかどうかなぞ正直全くわからない。最近は暑くて窓を開けっ放しにして寝てるので空気清浄機も清浄する対象がどこまでなのか把握すらできていないだろう。そんなことよりこの空気清浄機は僕にリアクションをしてくれるのだ。例えば帰宅時。僕が帰宅した途端に空気清浄機は清浄から脱臭モードに変更され風量は弱から強になる。僕にはまるで「おかえり」と言ってくれてるように思えてならず、最近では実家に帰ったとき以外には発しない「ただいま」を言うようになった。さらには僕がオナラをしてもリアクションしてくれる。実家にいるときは母や祖母が「くせぇッ!ナンジャコリャァアアア!!!」とヒステリックに反応してくれていたのだが、今では空気清浄機が「ブォォオオオオオン!!!」と呼応してくれる。その度に僕は一人じゃないんだと感じる。





この気持ちをなんと形容したらいいのだろう。恋なのかな。人と機械の恋、それもただの空気清浄機。悩み詰めた僕は空気清浄機の電源を切れなくなった。